FC2ブログ
昨日の夕方カオアフ・カウアイ島の旅行から帰ってきました~

それぞれの島にそれぞれの顔があって、発見、発見のとても深い旅に
なりました

オアフ島の印象は一言で言うと、やっぱり「都会」でした。
ほとんど東京にいるのとかわらない錯覚になり、どの店でもほぼ日本語が通じてしまい、食べ物も、着る物も、生活用品もほしいものは不自由なくほとんど手に入る島でした
バスの乗り方さえマスターしてしまえば、たった2ドルでほとんどの場所はいけるし(1回までは乗り換えもできちゃいました)、バスの本数も多くってレンタカーを借りなくても5日間の滞在で困ることは全くありませんでした
一緒に行った、わるさんのお友達もたくさんこの島にいてこの島に住んでいて素敵な日本人の方々ともたくさ~ん知り合うことができました

ハワイ島のちょっとだけ不自由な生活に慣れていた私たち貧乏学生3人は都会のまぶしさに、目がくらんでしまい。。。毎日毎日を買い物、食事、買い物、食事。。。と怖ろしいほど貪欲な生活

私、ここにいたら確実に3か月で貯金は底をつきるな
と確信してしまいました

カウアイ島の印象は、きりりとしているのに優しく包み込んでくれるやさしい島で、母のような島でした
景色をみているだけで、気がつくと涙を流していました。。。
自分自身を見つめる時間も増え、自分のことを考える時間もたくさん作ることができました

カウアイではオアフにいたときとは打って変わり、物欲はほとんどなくなっていて、毎日どこかのビーチにいってゆったりと本を読んでみたり、飽きてきたら海に入ってみたりと自由気ままにのんびりとしていました。

この島はとても古い島でビーチのほとんどが年月をへて、白砂になっていてどのビーチもとてもくつろぎやすく、しかもきれいで人も少なくって、私たち3人でビーチを独り占めしているような、そんな感じの毎日でした。
キラウエアライトハウス(キラウエア灯台)や船のツアーで行ったシダの洞窟、ワイメアキャニオン(ワイメア渓谷)、ハナレイ湾。。。どれをとってもとても素敵過ぎるで私たち3人は気がつけばこの島に一目惚れしてしまっていました

たった2週間弱の滞在だったのに、なんだか3か月くらいいたようなそんな感覚でハワイ島へ戻ってきたとき、なんだか浦島太郎になってしまったような変な感覚になっています。

昨日帰ってきたときこっちはフォグがひどく山がほとんど見えない状態でしたが、この島にはやっぱり帰ってきたという言葉が今の自分たちにはとてもあっていて、他の島へこころよく送り出してくれて楽しい旅にしてくれた、ペレにとても感謝しています
thank you PELE
スポンサーサイト



2009.05.03 Sun l 休息 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://hawaiilomilomi.blog57.fc2.com/tb.php/48-56990a58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)